NOT SO BADなブログ

ぼっちスタートアップが日々がんばっています

ブンゴウメールの配信候補リストを公開して、誰でも好きな作品を追加できるようにしてみました

先週ブンゴウメールというサービスをリリースしたところ、ありがたいことに予想外の反響をいただくことができました。

bungomail.launchaco.com

5月1日から配信開始しましたが、Twitterを見ても楽しんでくれてる方が多いみたいでめちゃ喜んでます。うれしい!

で、今後の配信タイトルを考えるのにスプレッドシートで候補作品のリストを作ってたんですが、せっかくなので公開して誰でも好きな作品を追加できるようにしてみました。

あくまで候補リストなので配信を約束するものではありませんが、好きな作品があればぜひ追加してもらえればうれしいです。


ブンゴウメール配信候補リストはこちら

docs.google.com

Googleアカウントがなくても、誰でも編集可能になっています。

ただし編集できるのはA列の図書カードURLを入れるところのみです。 URLだけ入れると、他のところは自動で入力されるようになっています。

A列以外はシート保護されてるので、さわると警告が出ちゃいます。編集リクエストとか送らないでね。

シートの見方

D列が作品のテキストファイルサイズで、ざっくり「文字数」と考えてください。 (厳密には違いますが、大体の目安になるので)

これを30日で割ったE列が「1日あたり文字数」で、この数値によって行を色分けしています。

  • 黄色:〜400字/日
  • 緑色:400〜1200字/日
  • 色なし:1200字〜/日

だいたい平均読書スピードを400字/分と置いて、1〜3分程度で読める作品(=緑色)を主に配信する予定です。

ちなみに「走れメロス」で365字/日なので、これを目安にしていただけると。 メロスはこの基準だと短すぎる作品なのですが、最初はハードル低くしたいという意図があったので採用しています。

また黄色の短い作品は、同じ月に2つ以上合わせて配信とかで使いたいなーと思ってたり。 今月は宮沢賢治の短編祭り、とかもおもしろいですよね。

作品を追加する方法

めっちゃ簡単です。以下の方法でお試しください。

f:id:o_tomomichi:20180502144342p:plain

f:id:o_tomomichi:20180502144416p:plain

f:id:o_tomomichi:20180502144459p:plain

🚧注意

図書カードURLですお間違いなく

A列に登録するURLは、作品の「図書カードURL」です。 実際に作品の文章が表示されているページではないのでご注意ください。

検索結果から探すときはこんな感じ。

f:id:o_tomomichi:20180502145626p:plain

実際に表示されるページは、こんな感じ。

f:id:o_tomomichi:20180502145402p:plain

URLの入力し直しはできませぬ

A列に一度URLを入力したあと、URLを変更してもB列以降の自動入力が動きません。 新しい行で再度お試しください。

※行の削除とかも権限的にできないので、失敗したのはそのまま放置してください。ときどき掃除します。


(おまけ)なんで初回は走れメロスになったのか

登録いただいた方にはもう届いてるかと思いますが、初月となった5月は太宰治の「走れメロス」を配信しています。 (登録したのに届かない!という方は迷惑メールボックスなどもご確認くださいませー)

初回配信タイトルを選ぶときに考えていた条件は、

  • みんなが知っていて
  • 短くて
  • 親しみやすい作品

ということだけでした。 そりゃメロスになっちゃうよねー。

しかしブンゴウメールとほぼ同時期に「実時間メロス」がバズっていたので、メロス何回読むねんみたいな人が出てしまったのは本当に申し訳ない…。

19時「メロスは激怒した」 約3日間のメロスの旅がリアルタイムで進行する読書アプリ「実時間小説 走れメロス」 - ねとらぼ

まぁ過去の名作を扱う以上、今後も読んだことある作品が出てくるのはしょうがないなーと思ってまして。 再読もおもしろいというか、むしろ楽しんでもらえたらいいのかなというスタンスです。

ただ実時間メロスと並行してメロスが届いてしまうというのは完全に誤算だったので、そこに関しては謝るしかないです。 ていうかこんなことってある?(いやない)


まとめ

という感じでまだまだ試行錯誤中ですが、いいサービスにできるようがんばっていきたいと思います。 おすすめの作品あればぜひリストに追加してください!

また追加した作品と合わせて、推しの理由をハッシュタグ「#ブンゴウメール」つけてつぶやいてもらえると、涙を流して喜びます。 よろしくお願いいたします。

おしまい。