NOT SO BADなブログ

Towards a not so bad world.

Webサービスの中で自分のサービスをうまく使う、センスいいドッグフーディングの話

f:id:o_tomomichi:20171205101931p:plain

自分が作ったものを自分で使うことを、ドッグフーディングといいます。

個人でWebサービス開発している人は、だいたい自分がほしいものを作るので基本ドッグフーディングしてるはず。

これを一歩すすめて、ただ個人的に使うだけじゃなくて、自分のサービス内のコンテンツとして自分のサービスを使うという再帰構造にできると、がぜんイケてる感じが出てきます(自社調べ)。

もちろん全部のサービスでできるわけじゃないけど、チャンスがあれば狙ってみるといいでしょう。

ここではこの究極のドッグフーディングをうまくやってる例を紹介してみます。

チュートリアル

f:id:o_tomomichi:20171205133644p:plain

サイト内にわかりやすいステップ形式のチュートリアルを追加できるjsライブラリ。

このライブラリの使い方をIntro.jsを使ってチュートリアルしてくれてます。いいですね。

introjs.com

チャットサポート

f:id:o_tomomichi:20171205133659p:plain

jsコードを1行貼るだけで、サイトにチャットサポートを追加できて、なおかつそのチャットは全部slackの指定したチャネルでやり取りできるという便利サービス。

ここもサービスサイトに自分のチャットサポートを入れてます。

この手のサービスはやりやすいし(むしろやらない理由がない)、zendeskとか基本みんなやってる感じですね。

small.chat

よくある質問

f:id:o_tomomichi:20171205133725p:plain

よくある質問を作成できるTayoriのよくある質問ページ。

もちろん自社サービスで作られています。

シンプルなデザインでほしい機能がひととおり揃うので、次使ってみようかなと思っています。

tayori.com

ドキュメント

f:id:o_tomomichi:20171205133840p:plain

チームでいい感じにドキュメントを作成・共有できるesa.io。

ここのドキュメントはもちろんesaで作られています。

「We love dogfooding」と謳うくらい、確信犯です。

デザインが抜群におしゃれ。

docs.esa.io

お知らせ(年表)

f:id:o_tomomichi:20171205133905p:plain

年表作成の競合サービス(?)「Nenpyo」さんは、サイトのお知らせを公式アカウントの年表という形で掲載されてます。

このセンス超うらやましい。

うちのTHE TIMELINEもこれやろっかなー。。

nenpyo.org


やっぱりサポートツール系のサービスが相性よくてやりやすそうですね。

年表みたいにそうじゃないのにうまく使ってる例はセンスいいなーって思います。

とりあえず思いついたところはこんなもんですが、他にも色々あると思うので、見つけた人はぜひ教えてくださーい。

おしまい。