NOT SO BADなブログ

Towards a not so bad world.

AirBnBで道に迷うゲストが多いときにやってよかった対策まとめ

f:id:o_tomomichi:20170126100248p:plain

ひょんなことから京都で築80余年の古民家を買いまして、DIYしながらAirBnBで民泊をしています。 (もちろん旅館業の免許取得済みです)

しかし東京に住みながら運営しているため、「ゲストの道迷い」には非常に悩まされておりました。

今日はそんな道迷い問題をどうやって解決したか、これまでやってきたことをまとめてみたいと思います。

ゲストは道に迷う

まず大前提として、ゲストは道に迷います(断言)。

自分が海外に旅行してるときを考えればわかりますが、土地勘もないし、 標識も読めないし、ネット接続はないし、、となると、かなりの現代人は迷います。

で迷ったらどうするかというと、人に聞きます。

シャイな日本人への旅行アドバイスでは、恥ずかしがらずに現地の人に声をかけて、とか言われたりしますが、 シャイじゃなくてしかも切羽詰まった外国人たちは、手当たり次第に道を聞きまくります。

近くまで乗せてもらったタクシーの運ちゃんに聞くのは当然のこと、夜中でもご近所の家をピンポン鳴らして聞いたり、なんでもします。

で当たり前ですが、ご近所からはうちにクレームがくるわけですね。。

うちは事前にご近所の方に挨拶して、民泊やっていることを説明しています。 また連絡先もお伝えしているのですが、さすがにこんなことが続くとご近所に迷惑をかけてしまいます。

というわけでこれまでに色々対策を打ってみて、結果的に道迷いトラブルは激減させることができました。

次はうちでやったことと、その効果のほどをまとめてみたいと思います。

対応策

GoogleMapを共有してみた

地図といえば最初に思いつくのはGoogleMapですよね。

これでうちをマークした地図を作ったり、駅からの経路を表示したのをゲストに共有しようと思ったのですが、結果的にこれは失敗に終わります。

なぜかというと、ゲストの半数を占める中国人は、自国内でGoogleサービスにアクセスできないからですね。

jcvisa.info

Mapだけじゃなくてフォームとかも使えないので、この問題には色々と悩まされます。

ということでこの案はさっそくボツ。

詳細な画像地図を作ってみた

しょうがないので、原始的ですが詳細な地図を画像で作って、事前にダウンロードしてきてもらうようにしました。

駅から家までの道を何枚も写真にとって、ストリートビューみたいな写真も添えた詳細なやつです。

もちろん英語と中国語でも説明を書いています。

結果的にこれで多少道迷いは減りました。しかしやっぱりそれでも迷う人がいる。

で迷って電話してきたゲストと話をしていると、どうも地図をダウンロードしていないのですね。。

そりゃ旅行前で忙しいし、そういう人もいるのはわかるのですが、地図がないとやっぱり迷ってしまう。

こちらから本当にダウンロードしたかどうかはわからなかったので、結局毎回ちゃんと到着したって連絡が来るまでどきどきしていました。。

地図のダウンロード履歴を確認できるようにした

というわけで行き着いたのがこれ。

ちょっとしたゲスト用HPを自作して、そこで地図をダウンロードしたらスプレッドシートにログを記録するようにしました。

詳細はこちら。

blog.notsobad.jp

これでゲストが地図をダウンロードしたか一目でわかるようになったので、1週間前になっても落としてない人には催促メールを送信。

これによって、ゲストの道迷いが劇的に減らせました!

たまーに地図見てもわからなくて電話してくる人はいますが、手元に地図があるので説明も楽。

というわけでこの管理はオススメです。

Zapierというサービスを使って無料でつくれます。

タクシー運ちゃん用の説明資料を作る

これ実はまだやれてないのだけど、そろそろ必要かなと思ってます。

タクシーで家の近くまで来て、最後わからなくて運ちゃんに頼って、運ちゃんから電話かかってくることもたまにあります。

最近そういうの多いらしくて、運ちゃんは大体怒ってる。そりゃそうです、もうメーター止めてるのに案内手伝わされてるので。

しかもゲスト用の地図は英語しか書いてないので、運ちゃんが見てもわからない。

なのでそこに日本語も併記するか、運ちゃんに見せればわかる別資料を用意するか、というのを検討しています。

この辺うまくやってる人がいたらぜひご意見聞きたいです。

まとめ

というわけで、ゲストの道迷い対策についてうちでやったことまとめでした。

道に迷うとゲストのテンションも下がるし、ご近所トラブルにもつながりやすいので、 お悩みの方がいればぜひ参考にしてみてください。