読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NOT SO BADなブログ

Towards a not so bad world.

MacBookPro Mid 2010 をSSDに換装しましたよ。

技術系


(photo credit: Tekke via photopin cc)

まだまだ現役稼働中のMacBookPro Mid2010モデル。
あと数年はがんばってもらおうとついにSSDに換装しました。

簡単で値段もけっこう安かったけど、結果はなかなか満足いく感じです。

換装前のスペック

こんな感じ。

  • MacBookPro 13-inch Mid 2010
  • Memory: 16GB (8GB x 2)
  • Processor: 2.4 GHz Intel Core 2 Duo
  • Storage: 250GB HDD

購入時点からメモリだけ16GBまで増設してます。

NOT SO BAD「MacBookPro Mid2010でメモリ16GBに増設できました。

今回のSSD換装でひとまずハード的にはやれるだけのことはやったって感じかと。

事前準備

基本的にこの記事を参考にしてやれば問題なくできました。
めちゃわかりやすい。

ASCII.jp「MacBook Proを高速SSD「Samsung SSD 830」で爆速化

ただ記事の時点から時間たってるので、部品とかはちょっと違うの使ったりしてます。

SSD

記事ではSamsungの830を使用してたけど、現時点での選択肢としては840evoがよさそう。

SAMSUNG SSD840EVO ベーシックキット MZ-7TE250B/IT ※新生活応援セール!
SSD840EVOベーシックキット250GB
商品スペック
容量250GBインターフェースSATA 6Gb/s
厚さ6.8mmフラッシュ規格TLC
最大読み込み速度540MB/s最大書き込み速度520MB/s
コントローラSAMSUNG
TSUKUMO 商品詳細バッジ で 2014-04-14 に生成しました

「830」のあとに「840」と上位ラインの「840pro」に枝分かれしたみたい。
そのあとに出た「840」の後継が「840evo」ですと。

値段もこなれてて性能もproに迫る勢い、だそうなので今回はこれをセレクト。

ノートPC換装用に必要な器具がセットになったノートパソコンセットっていうのもあったけど、
取り外したHDDを外付けで使えるようにしたかったので、SSDは単品で買って
別途HDDケースとトルクスドライバーを自分で買いました。

HDDケース

Samsungのノートパソコンキットやと、HDD接続用にケーブルがついてくるだけ。
移行作業はそれでもできるけど、その後外付けで使うことを考えたら最初からHDDケースにしたほうがよさげ。

Century「シンプルBOX2.5

でもここはそんなにお金かけるつもりもないので、シンプルなやつをセレクト。2200円くらいでした。
もっと安いやつもあったけどケーブル接触不良とかって口コミがあったのでセーフティに。。

サイズは2.5インチのやつを選べば問題ないはず。

トルクスドライバー

Appleがよく使う星形ネジに対応したドライバー。
今回はHDDを安定させるために両端につけてあるネジで必要になります。

サイズもいろいろあるみたいやけど、T6を選べばオッケー。
安くてデザインもかわいかったアネックスのやつにしました。

アネックス「ヘクスローブドライバーT型 T6×50 No.6300

換装

で準備ができたので実際に換装。

記事にもあるとおり、まずSSDを外付けでつないで現在のディスクをそのままコピー。
おわったら内蔵のHDDと交換して起動するだけ、というお手軽作業です。
やってみたらめちゃ簡単にできました。

そして起動が、、めっちゃ速い。
MBP買ってすぐのときの感動を思い出すくらい速い。

記事では換装して起動ディスクを指定しないと遅いって書いてあったけどそんなこともなく、
一応設定確認したら自動で入れ替えたSSDが起動ディスクに設定されてるみたいでした。

しばらくしたらすごい勢いでファンが回り出したから焦ったけど、
ActivityMonitorで確認したらAlfredがインデックスしなおそうとしてがんばってたみたい。
しばらくしたら落ち着いてたので、今のところ問題なさそうです。


というわけで念願のSSD換装終了。

今回の換装にかかったお値段は全部で18,000円くらい。
メモリ増設と合わせると合計30,000円くらいこのMBPに投資したけど、
なかなか快適な環境ができて満足です。

これであと3年くらいがんばれれば。。さすがにムリか。。