NOT SO BADなブログ

Towards a not so bad world.

村上春樹「1973年のピンボール」を年表で整理してみた【Part.4】

f:id:o_tomomichi:20161212202747p:plain

村上春樹「1973年のピンボール」内の出来事を時系列で整理し、 年表を作ってみるという誰得記事シリーズです。

Part.4は物語後半、「僕」がピンボールを探し始めてからの出来事を整理します。

シリーズ全体の目次

  • まえがき
  • 完成版年表
  • 年表の作成手順
    • 序盤(Chapter0~7):プロローグ〜ラバー・ソウル
    • 中盤(Chapter7~13):ラバー・ソウル〜ピンボール探し
    • 後半(Chapter13~20):ピンボール探し〜講師からの連絡(★今回)
    • 終盤(Chapter20~26):講師からの連絡〜エピローグ
    • 回想の出来事たち
  • わかったこと/わからなかったこと
  • まとめ

後半(Chapter13~20):ピンボール探し〜講師からの連絡

次はピンボールが「僕」の心を捉えてから、スペイン語講師からの連絡を受け取るまでの、物語後半の時系列を整理してみます。

  • [Chapter13] ピンボールが「僕」の心を捉える【10/21】
  • [Chapter14] 鼠がジェイズ・バーで吐く
  • [Chapter15] 「僕」が新宿のスペースシップにのめり込む【1970年冬】
  • [Chapter16] 鼠が車の中から女の家の様子を思い出す
  • [Chapter17] 「僕」がスペイン語の講師と会う
  • [Chapter18] スペイン語講師からの連絡を待つ1週間
  • [Chapter19] 鼠がジェイズ・バーに3日通うが、別れを切り出せない
  • [Chapter19] 鼠が閉店後のジェイズ・バーでジェイと話す
  • [Chapter20] 「僕」が大学講師から連絡を受ける【11/7(※次項で検討)】

鼠サイド

まずは鼠サイドの出来事を中心に整理してみます。

Chapter14では、夏の盛りを取り戻したように久々に混み合うジェイズ・バーで、鼠が飲みすぎて吐いています。

週の半ばに鼠はウィスキーを一人で飲みながら、全ての思考をしばらく凍結させることに決めた。(中略)これで週の後半を乗り切れるだろうという見通しをつけて眠った。しかし目が覚めたときには何もかもがもとどおりだった。
(p.116)

という描写から、この時点では週の後半にいると思われます。

また、Chapter14で一週間ばかり天候も崩れがちだったという描写がありますが、次のChapter16は以下の文章で始まります。

何日も降り続いた雨は金曜の夕方になって突然上がった。
(p.122)

このことから、Chapter14が木曜、Chapter15が翌日の金曜と考えるときれいにつながります。

10/21以降の木金だと、「10/25,26」or「11/1,2」となりますが、このあとのChapter17で「僕」がスペイン語講師と会うのがまだ10月のため、「10/25,26」で考えるとうまくいきそうです。

※Chapter17では直接日にちの記述はありませんが、講師と会った後のChapter18で以下の記述があるため、まだ十月であることが確認できます。

十月の雨は素敵だった。
(p.137)

次のChapter19で、鼠が三日ジェイズ・バーに通ったあと、月曜の深夜に閉店後のバーでジェイと話す出来事が続きます。

さらにその後のChapter20が11/7の出来事となるので、11/2(金)~4(日)にバーに通い、11/5(月)にジェイと話した、と考えると時系列がきれいに整理できそうです。

「僕」サイド

後半「僕」サイドの主要な出来事は、スペイン語講師との出会いです。

絞込のヒントとしてはこんな感じ。

  • 講師から連絡を受ける「11/7」から逆算して約1週間前
  • 前後の章の時系列から、10/27〜11/1までの間
  • この後のChapter18で「十月の雨」という描写があるので、10月30日以前

ここから、「10/28~30」程度に絞れそうです。

スペイン語講師との出来事は厳密には2日にまたがっていて、前日の夜7時に電話して、翌日の夕方に会っています。

スペイン語講師と会ったあとの時系列で「十月の雨」が降っているので、前日の電話が「10/28」、実際に会ったのが「10/29」、雨が降ったのが「10/30」or「10/31」と考えるとぎりぎり収まりがつきそうです。

1日遅く考えることも可能ですが、会った直後に雨が降るのもChapter18の描写からやや不自然なので、ここでは「10/29」説を採用します。

またChapter18の連絡を待つ1週間の描写で、

日曜日には僕たちは一時間ばかりかけて植物園まで歩き、くぬぎ林の中で椎茸とほうれん草のサンドウィッチを食べた。
(p.137)

という記述がありますが、時系列から考えてこれは「11/4(日)」の出来事と考えられそうです。

まとめ

ここまでの内容を整理してみるとこんな感じ。

  • [Chapter13] ピンボールが「僕」の心を捉える【10/21】
  • [Chapter14] 鼠がジェイズ・バーで吐く【10/25】
  • [Chapter15] 「僕」が新宿のスペースシップにのめり込む【1970年冬】
  • [Chapter16] 鼠が車の中から女の家の様子を思い出す【10/26】
  • [Chapter17] 「僕」がスペイン語の講師と会う【10/30】
  • [Chapter18] スペイン語講師からの連絡を待つ1週間【10/31~11/6】
  • [Chapter18] 双子と植物園に行く【11/4】
  • [Chapter19] 鼠がジェイズ・バーに3日通うが、別れを切り出せない【11/2~4】
  • [Chapter19] 鼠が閉店後のジェイズ・バーでジェイと話す【11/5】
  • [Chapter20] 「僕」が大学講師から連絡を受ける【11/7(※次項で検討)】

次回予告

次回Part.5はついに物語終盤です。