NOT SO BADなブログ

Towards a not so bad world.

村上春樹「1973年のピンボール」を年表で整理してみた【Part.3】

f:id:o_tomomichi:20161212202747p:plain

村上春樹「1973年のピンボール」内の出来事を時系列で整理し、 年表を作ってみるという誰得記事シリーズです。

Part.3では物語中盤、ラバー・ソウルからピンボール探しを始めるところまでを分析します。

シリーズ全体の目次

  • まえがき
  • 完成版年表
  • 年表の作成手順
    • 序盤(Chapter0~7):プロローグ〜ラバー・ソウル
    • 中盤(Chapter7~13):ラバー・ソウル〜ピンボール探し(★今回)
    • 後半(Chapter13~20):ピンボール探し〜講師からの連絡
    • 終盤(Chapter20~26):講師からの連絡〜エピローグ
    • 回想の出来事たち
  • わかったこと/わからなかったこと
  • まとめ

中盤(Chapter7~13):ラバー・ソウル〜ピンボール探し

物語が大きく動き出す中盤は、こんな感じの流れです。

  • [Chapter7] 双子がラバー・ソウルをかける【10/4】
  • [Chapter8] 鼠と女の霊園デート
  • [Chapter9] いなくなった双子を探してゴルフコースへ
  • [Chapter10] 水曜夜に鼠がジェイズ・バーを訪れる
  • [Chapter11] 木曜朝に、双子が葬式を提案する
  • [Chapter11] 日曜に配電盤の葬式
  • [Chapter12] 葬式後の木曜に、「僕」が事務所の女の子とランチをする
  • [Chapter13] ピンボールが「僕」の心を捉える

以下それぞれの時系列を考えていきたいと思います。

配電盤の葬式

貯水池での配電盤の葬式は、物語中盤の大きなターニングポイントとなります。

これは10月の日曜日と言及されているので、候補日は「10/7, 10/14, 10/21, 10/28」の4つ。

このあと同じ10月の日曜日で、ピンボールが「僕」の心を捉えるという出来事があるため、まず「10/28」は候補から除外されます。

また「10/7」では、ラバー・ソウルの10/4から間隔が短すぎ、間の出来事が入らないため除外します。これで候補日は「10/14, 21」のどちらかに絞り込めそうです。

この配電盤の葬式の後、別の日曜にピンボールが「僕」の心を捉え、何日も何日もそれを探し続けるという日が続きます。

3フリッパーの「スペースシップ」....、彼女が何処かで僕を呼び続けていた。何日も何日もそれが続いた。
(p.126)

10/21に葬式をしたとすると、ピンボールが心を捉えたのは最短で10/28となり、その後何日もピンボールを探し回り、それから講師の連絡を一週間待って11/7を迎えるという時系列が破綻します。 (講師の連絡が「11/7」というのは次々項の「終盤」で検討します)

よって配電盤葬式は「10/14」、ピンボールが「僕」の心を捉えたのが「10/21」と考えるのがおさまりがよさそうです。

葬式の日が決まると、Chapter10~12の出来事は連続しているため自動的に決まります。

前後の時系列を整理すると以下の通り。

  • [Chapter7] 双子がラバー・ソウルをかける【10/4】
  • [Chapter8] 鼠と女の霊園デート
  • [Chapter9] いなくなった双子を探してゴルフコースへ
  • [Chapter10] 水曜夜に鼠がジェイズ・バーを訪れる【10/10】
  • [Chapter11] 木曜朝に、双子が葬式を提案する【10/11】
  • [Chapter11] 配電盤の葬式【10/14】
  • [Chapter12] 葬式後の木曜に、「僕」が事務所の女の子とランチをする【10/18】
  • [Chapter13] ピンボールが「僕」の心を捉える【10/21】

だいぶ埋まりましたね。次は残ったChapter8,9の2つを検討してみます。

鼠と女の霊園デート

Chapter8の霊園デートは、鼠と女が会うのが土曜のはずで、時系列仮説からここでは「10/6(土)」と考えるとしっくりきます。

ゴルフコースに行った日

双子を探してゴルフコースに行った日も特に指定がありませんが、同じく時系列仮説をもとに、Chapter8とChapter10の間の日だと考えます。

「僕」が仕事をしていた描写から平日と考えて、10/7(日)は除外。 残る候補日は「10/8」or「10/9」ですが、これ以上の絞込要素は見つからないため、ここでは暫定的に「10/8(月)」と置いておきます。

まとめ

改めて中盤の時系列を整理すると、こんな感じです。

  • [Chapter7] 双子がラバー・ソウルをかける【10/4】
  • [Chapter8] 鼠と女の霊園デート【10/6】
  • [Chapter9] いなくなった双子を探してゴルフコースへ【10/8】
  • [Chapter10] 水曜夜に鼠がジェイズ・バーを訪れる【10/10】
  • [Chapter11] 木曜朝に、双子が葬式を提案する【10/11】
  • [Chapter11] 配電盤の葬式【10/14】
  • [Chapter12] 葬式後の木曜に、「僕」が事務所の女の子とランチをする【10/18】
  • [Chapter13] ピンボールが「僕」の心を捉える【10/21】

次回予告

ついに物語の主題にもなっているピンボール探しが始まりました。

次回Part.4ではこの後の物語後半の出来事を整理します。